前へ
次へ

建築協定がある地域を選ぶメリット

住宅を建てるにはまず建築基準法に基づく必要があります。
同じ広さの土地でも建ぺい率などが異なれば同じような建物は建てられません。
その他地域ごとに防火地域であったり用途地域などがありそれぞれによっても建てられる建物は変わります。
規制が厳しいところは購入しづらいと言えるかもしれません。
さらにある規制として建築協定があります。
地域ごとに決められることが多く、その協定に準拠した建物しか建てられません。
時には建物外観や設備を合わせなければならないこともあり、かなり自由度が失われるでしょう。
それでもわざわざ建築協定のある地域での住宅を選択する人もいます。
建築協定はそれなりに意味を持って定められていて、その協定に共感できる人が集まる地域になります。
通常よりも厳しい高さ制限を設けている地域なら、その地域の人はあえて高い建物を建てようとしません。
同じ目的で住もうとする人が集まりやすいので、住宅に求めるものが近い人が集まると言えそうです。

内装工事 大阪

谷地工務店なら施工実績多数なので安心して依頼できます
施工実績を写真付きで紹介していますので気になる方はご覧ください

新築の家の外観は入り口で決まります
こだわりのエクステリアにしたい方はこちら

理想をまずは千葉県の工務店にお話ください
どんな家に住みたいのかお聞かせください

Page Top